正確な診断のための医院の最新治療機器

医院の最新機器

患者様の『笑顔と健康』のための治療に必要なのが正確な診断です。正確な診断にために高性能な最新の機器を導入しています。

目次

インプラントや親知らずの抜歯、根管治療をより安全に正確に治療・CT導入

CT

CTは肉眼では見えない箇所も立体的に診断できます。

インプラントや親知らずの抜歯、根管治療(歯の根の治療)の際に、患者さんに安心して治療を受けていただくための正確な診断ができます。

どこに根っこの筋道があるのか?は、マイクロスコープなどで見ても外面だけでは中々わからないものなのです。しかしCTは3次元的に外面では見えないところまで診断できるので、治療する前に原因や状況をつきとめることができます。

根管治療で中々治らないというときもまれにあります。それがCTの導入によって、奥の歯が3根管なのか4根管なのか?など、治療するための原因が特定できますので、なかなか治らないといったケースが少なくなります。

さがのあおい歯科ではより確実性の高い診断のためにCTを導入しております。

肉眼ではわからなかった原因も診断するためのマイクロスコープの導入

マイクロスコープ

マイクロスコープは、肉眼では見えなかったものを見ることができます。

根管治療(歯の根の治療)の際に、根管への入り口がわかりにくい場合があります。そういった場合も6~40倍で詳細に見えるので、治療を正確に速く行うことができるようになります。

また、肉眼では見えない歯の表面の小さな亀裂とか、段差とか、歯が割れているなどを発見することができます。

マイクロスコープによる診断は、現在のところ保険の適用はありませんが、より良い治療のために、さがのあおい歯科では導入をしております。

身体により優しい治療のためのレーザー治療の導入

レーザー

レーザーは、歯肉の切除や、歯石の除去、根管治療(歯の根の治療)など様々な場合に使用することができます。

レーザーでの施術は、メスによる施術よりも治りが良いですし、痛みも少ないので、患者さんの身体に優しい治療ができます。虫歯を削っていく際も痛みを軽減できます。

口内炎の疼痛緩和や、歯がしみる知覚過敏の処置を行ったり、歯肉に付着した黒ずみ(メラニン色素沈着)もレーザーにて除去することができます。

患者さんの痛みをできるかぎり軽減したいと思っておりますので、さがのあおい歯科では、レーザー治療を導入しております。

セレックシステムによるCAD/CAMセラミック治療

セレックシステムとは?

3D CAD
削り出し機

セレックシステムとは、デジタルスキャンで修復物(かぶせ物・詰め物)を設計・作製するシステムです。CAD/CAM先進国ドイツで生み出されました。

セレックの修復物(かぶせ物・詰め物)削り出しの様子

従来だと粘土で型取りをして模型を作るなどの工程が必要となりますが、セレックシステムだとお口の中を3Dカメラで撮影スキャンし、デジタル情報を元にセラミックブロックから修復物(かぶせ物・詰め物)を削り出せます。(保険外治療)セレックがあることで修復物(かぶせ物・詰め物)の精密性が向上します。

保険治療でもレジンブロックを採用することで金属を使わなくて済むので、金属アレルギーの方にもやさしい治療です。

歯科技工室完備

技巧所に依頼することなく院内で完結できますので時間も大幅に短縮できます。即日完了することも可能です。